昨晩少し降雪があり、うっすらと雪化粧された、今朝のヒイラギナンテンです。この感じが何とも美しいです。じきに太陽が登り、気温も上がると消えてしまう、その時だけしか見られない美しさです。
美しいと感じとれるのも、そこに木があり、そして、気(気持ち)があるからではないでしょうか?